短期的な減量で摂食障害にならない為に

短期的な減量で摂食障害にならない為に、大切な事は”無理のない方法を長く続ける事”です。

短期減量の摂食障害予防その1

モチベーションを意識しよう

モチベーションを維持し続ける事ができれば、短期的な激しい追い込みをする必要は無く、長期的で効果的なダイエットができるでしょう。

多くの人がダイエットが順調にいかず、悩むことがあります。意欲がいくら高くても、なかなか効果が出なければやる気も徐々に下がっていき、ダイエット自体が辛くなります。

食事を我慢し、苦手な運動を続けているにもかかわらずダイエットがうまくいかないと、反動で食べ過ぎたり、運動をさぼってストレス軽減をする人がいますが、

ダイエットは、食事を減らし、身体を動かしたからといってどんどん体重が減っていくというようなものではありません。

ある程度体重が減り、しばらくすると戻り、再び体重が減っていくという、一進一退を繰り返して、徐々に体垂は減っていきます。

ダイエット中のリバウンドは、体重の減少が期待した程の結果に繋がらず、モチベーションが下がってしまう事でダイエットを中断した時に起きる為、ダイエットが期待通りに進まない時でも、運動や食事制限を継続できるように、やる気を持ってダイエットに取り組みましょう。

短期減量の摂食障害予防その2

心の中にダイエット仲間を作ろう

モチベーションを維持しながらダイエットをする事が減量成功への近道だといいますが、実際にはどんな方法でモチベーションを上げれば良いのでしょうか?

おススメの方法のひとつに、減量に成功した人の体験談や、ダイエット中のエピソードを聞く事で、意欲の向上につなげる方法があります。

体験談のいいところは、実際に誰かが、自分の身体で得た結果であり、役立つ減量情報も沢山含まれています。

苦手意識の強い運動がノルマになる事や、食べたい気持ちを抑えなければいけない事など、ダイエットには、ストレスがつきものです。

やりたい事ができない状態が続くとメンタル面でも強いストレスを感じるため、多くの方が、ほぼ確実にストレスが蓄積されます。

それをどう対応するかが大事です。

長期間の減量を達成するには、減量中のストレスを緩和しつつ、道半ばでやめてしまう事なく、ダイエットを継続することが必要です。

そんな時、同様の方法で減量がうまくいっ

た人の話を聞くと、自分もできそうだという気持ちが芽生え、これから自分も減量が成功するんだというポジティブなモチベーションが生まれます。

短期減量の摂食障害予防その3

小さな目標を決めよう

減量を成功させるためには、

モチベーションを維持する事が重要です。

目標体重までが、遠ければ遠いほどダイエットに要する期間は長くなるでしょう。

意志の強さに自信がない人は目標を大きく掲げるのではなく、小刻みに目標設定する事で、無理のないペースで、達成感を1つずつ噛み締めながら体重を減らしていくといいでしょう。

もしも減量が思うようにいかず、体重を減らすことができない場合でも、焦りすぎないことが大事です。

ダイエットをしていれば、停滞期に入るのは自然なことであり、停滞期に入っても動じない心の強さがあれば、ストレスも感じづらくなります。

時々ならば、おやつを食べたり、どうしても知という時は、運動をさぼったりしても、長くダイエットを続けることを優先した方がいいでしょう。

結果が出た時に、自分へのご褒美を用意することで、ダイエットに対するモチベーションを高めることが大切で、自分なりのやり方で、長く続けやすいダイエット方法を考えることは効率アップにもなります。

うまくいかないストレスや、空腹のイライラを抱えてダイエットをしても長くは続きません。

ダイエットを成功させるには、継続するための工夫も重視すべきです。

【まとめ】

モチベーションを意識しよう

心の中にダイエット仲間を作ろう

小さな目標を決めよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です