摂食障害克服 ストレッチ

ダイエットの経験は誰しも1回や2回は経験があると思いますが、ほとんどの場合において運動や食事制限によるダイエット方法をしたのではないでしょうか。

ストレッチは摂食障害に効果抜群1

新陳代謝を高める

ダイエット効果がある運動はきついものだけでなく、筋肉の伸縮運動であるストレッチでも、ダイエットはできます。

ストレッチは見た目は地味な運動ですが、代謝をあげる効果がある点において、ダイエットに役立つのです。

新陳代謝を高くするためには、筋肉の増強をはかる方法が効果的といいます。

お腹を鍛えるには腹筋を、腕の筋肉を鍛えるには腕立て伏せという印象は多くの人が抱いていますが、無理に筋肉量を増やさなくても、ストレッチを継続することによって、ダイエット効果を得ることが可能です。

ただし、もともと筋肉量の少ない人は、ある程度の筋肉をつけるために身体に負荷のかかる運動をする必要があります。

身体を動かすことがあまり好きではないという人は、簡単にできるストレッチから運動の習慣を作りましょう。

ストレッチによるダイエットは普段おなじ姿勢を続けることが多く、運動する機会がない人におすすめです。

ずっと姿勢を変えずにいると、筋肉が伸びたまま、あるいは縮んだままで固くなり、疲労物質が蓄積されたり、血液の流れが停滞したりして、エネルギー代謝が悪くなります。

体脂肪を燃焼させるためには、血液に酸素を取り入れて筋肉にまで送り届けることが大切です。

ストレッチは筋肉をほぐして血液を巡りやすくします。ストレッチならちょっとした時間にできるので、手軽にダイエットができるでしょう。

ストレッチは摂食障害に効果抜群2

セルライトを防ぐ

ダイエットの為にストレッチをすることで、脂肪を燃やす、ダイエットのしやすい体質になることが可能です。

ストレッチは、ダイエットに役立つばかりではなく、摂食障害克服にもいい影響があります。

毎日、数分のストレッチをすることで運動不足を解消したり、老化による身体の衰えをくいとめることが可能です。

むくみや、筋肉を柔らかくし、血液が流れやすくなることで、指先まで温めることができます。

ストレッチでむくみを解消すると、それだけで身体引き締まったように見えるようになるという人もいます。

体内に存在するリンパ液の循環が悪くなると、身体の中に不要な老廃物が排出されずに残りますが、ストレッチではむくみ予防が可能です。

老廃物と、下脂肪が組み合わさると、皮膚がでごぼこになって見える、セルライトになりますので、老廃物の排出はできるだけしておきたいものです。

ダイエットの大敵であるセルライトをつくらないようにするには、日々のストレッチが効果的です。ストレッチを継続する事で、摂食障害の予防効果に加え、美容効果も期待できるといいます。

ストレッチは道具もいらなければ場所もたいして必要ないので、魅力的なダイエット方法の1つでもあります。

ストレッチは摂食障害に効果抜群3

伸ばす部位を意識する

ストレッチでダイエットを成功させるには、どんなことをするといいでしょう。

ダイエット効果のあるストレッチの方法について調べてみたとろ、ストレッチを行う時間帯が重要になるそうです。

お風呂から出た後が、ダイエットストレッチには適しています。

お風呂から出た後は筋肉がほぐれていますので、ストレッチの効果がより出やすくなるのです。

精神的にリラックスしていることも、よりストレッチ効果や、過食症の予防効果が高くなるプラスポイントになります。

つまり、起きたばかりで筋肉が強ばっている時は、ストレッチ効果があまり得られませんので、ダイエットには向いていません。

身体がきちんと起きていない時に、ストレッチのような負荷のかかる運動をすると、筋肉を痛めてしまったり、ダメージを与えてしまうことがあるようです。

他の時間帯としては、食後の30分程度はストレッチに向いていない時間帯になります。

ストレッチだけでなく、入浴や運動も、食後すぐにはしないほうがいいと言われています。

人の身体は食事をした直後は消化に血液を使っています。運動などで代謝を良くすると、その血液が身体のあちこちに行ってしまいます。

ストレッチはダイエット効果を望みたい部分によって違いがあり、同じ方法でどの部分にもダイエット効果があるというようなストレッチ方法はありません。

ダイエットのためにストレッチを行う場合は、下腹部、背中、足や腕など、身体のどの部分の筋肉を刺激し、脂肪燃焼を促進するかを決めておく必要があります。

まとめ

新陳代謝を高める

セルライトを防ぐ

伸ばす部位を意識する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

シソ酢で拒食症予防