摂食障害にならず痩せるコツ

摂食障害を予防しながら痩せるコツとは、いったいどういったものでしょう。ダイエットのコツは、いくつかあります。

痩せるコツを知り摂食障害を予防1

ホメオスタシスを意識する

効率的に痩せるコツは、人間の身体にどんな特性があるかを理解することです。

人体には、ホメオスタシスという、身体の状態を常に一定に保とうとする働きがあります。

本来、ホメオスタシスとは山中での遭難など非常事態を想定しています。

ニュースなどで、山や海で遭難したけれども、水と食料だけで、1週間食いつないだというエピソードを聞いたりします。

ホメオスタシスは、こういう時の為にあります。

食事の量が極端に減っている時に、食べた分のわずかなエネルギーを有効に活用する為に、体内に蓄積しておいて、少しずつ生きる為に消費していくというものです。

このホメオスタシスが、ダイエット目的で食事量を減らしている時には、動いてしまいます。

たんぱく質やカロリーなど、身体をつくる為に必要な栄養素が不足すると、人間の身体は僅かなカロリーでも生命が維持できるよう、身体を省エネ状態にして、消費するカロリ

ーの量自体を少なくしてしまいます。

身体が低燃費になっていると、どれだけダイエットにいいことをしていても、身体がカロリーを使おうとしない為、体重が増えやすくなります。

体内に蓄積されたカロリーを消費しない体質になると、摂食障害のリスクは上がる反面、ダイエットの効率は下がる一方です。ですので、食事制限だけをベースにしたダイエットはしないようにしましょう。

痩せるコツを知り摂食障害を予防2

タンパク質をしっかりと摂る

痩せるコツを知る為には、

日々の食習慣について考えるとが大事です。

痩せるコツとは、カロリーの少ない食事をすることだと思っている人がいます。

低カロリーの食材といえば、キノコ類、海草類、こんにゃく、野菜などではないでしょうか。

痩せるコツをというのであれば、カロリーの少ない食材を使った料理をするという方法は適切ではありません。

ダイエットに適した体質とは、体内のカロリーを速やかに消費するというものです。

しかしカロリーの摂取量を少なくしすぎると、身体はカロリーを溜め込むようになります。

適量の食事を、栄養のバランスを考えながら食べるごとが、摂食障害を予防しながら痩せるためには大事になります。

食事からはたんぱく質をきちんと補給することが重要なポイントともいえます。たんぱく質を摂取するには肉ですが、肉はカロリーが高いから、ダイエット中は避けているという人がいます。

人間の体にとって、筋肉をつくる為にはたんぱく質は欠かせません。

筋肉がつき、引き締まった身体になるためには、運動とたんぱく質を含む食事をすることで、燃焼効率の高い体質になることができます。

新陳代謝が促進されることで、脂肪を効率よく燃やしていくことができるといえるでしょう。

痩せるコツを知り摂食障害を予防3

楽しんで続けられる運動を見つける

体内に蓄積されている脂肪を効率的に燃やすには、運動が大事です。また、痩せるコツとして、運動を挙げる人も多いようです。

好きなスポーツがあったり、身体を動かすことが楽しい人なら、ダイエットの為の運動はむしろ楽しいでしょう。

ですが、ダイエットの為に運動をすることは、運動が好きではないという人にとっては大変です。

ダイエットをしなければと考えながらも、ストレスが原因で諦めてしまったという方もいます。

ダイエットを達成する為には、いかにストレスを蓄積させずにダイエットを継続するかが重要であり、痩せる為のコツとなります。

ダイエット中のストレスをそのままにしておくと、ストレスが原因でやり気が低下し、

リバウンド起こる事で摂食障害の原因にもなります。

水泳やウォーキングなど、楽しんでできるような運動でダイエットをすることが、身体を動かすことが好きな人にはおすすめです。

習慣化させて運動を続けることで、体内に蓄積していたカロリーが燃えやすくなります。

実行してみたけれど、苦痛しか感じられないないような運動は、どのみち途中でやめてしまうでしょうから、他の方法を探すほうがおすすめです。

運動といっても内容や制約時間、運動量など様々です。気軽にできる簡単な運動からスタートして、徐々に難しい運動に移行していくことがダイエットをやり遂げるコツです。

手軽にできる運動をまずは続けてみて、身体が順応してきたらより激しい運動にすることが、確実に痩せるコツであるといえます。

まとめ

ホメオスタシスを意識する

タンパク質をしっかりと摂る

楽しんで続けられる運動を見つける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です