摂食障害と置き換えダイエット

近年過度な食事制限が原因で、過食症や拒食症などの摂食障害を発症する方が増えています。

では摂食障害を予防するためには、どういった対策が必要になるのでしょうか?

食事の置き換えで摂食障害を予防

朝食以外を置き換えよう

限られた期間内で痩せたいという人の間で、注目度の高いダイエットとして、置き換えダイエットがあります。

他のダイエット方法でなかなか成果を得られなかった人は、置き換えダイエットを試してみてはいかがでしょう?

1日に摂取するカロリーの量減らすために、置き換えダイエットでは、昼食か、タ食のうちの一食でダイエット食を摂取します。

置き換えるものは、カロリーが低く、満腹感がある食事が理想的です。ダイエット食品や、雑炊など、自作のスープでダイエットをする人もいます。

ダイエット中の食品として人気の高いものは、酵素ドリンクや、酵素スムージーです。

脂肪を燃やすだけでなく美肌にもいい影響があります。ダイエット効果をよりアップさせたいという場合は、ダイエット用の食事をタ食に摂取するというやり方です。

朝食はしっかり食べても、その日の身体を動かす為のエネルギーとして燃焼されるので、問題ありません。

昼食は少し控えめにすると、よりダイエット結果に結びつくのが早いようです。

もっと効率的に痩せたいという人は、1日に摂取するカロリー量を少なくしつつ、適度な有酸素運動で体脂肪の燃焼を促進させるといいでしょう。

1週間から2週間程度の期間を設定して、置き換えダイエットを行うことで、摂食障害発症のリスクを減らし、ある程度の減量効果が得られるといいます。

食事の置き換えで摂食障害を予防

置き換える食事には注意しよう

置き換えダイエットとは、普段の食事の代わりに、ダイエット用の食材や市販のダイエット食を使うという内容のダイエット方法です。

代表的な置き換えダイエット食品には、キャベツやりんご、ヨーグルトやバナナなどがあります。

ダイエットの為に、何も食べないというのは、摂食障害の発症につながりますし、健康の為に良くないのでやらない方が良いでしょう。

空腹時間が長すぎると代謝が低くなったり、身体の活動量が減って仕事や勉強が思うように進まなくなることがあります。

過度なカロリー制限を辞め、置き換えダイエットをすることで、身体に負担をかけすぎずに、長期的なダイエットを実現する事が出来きます。

単独の食材でも置き換えダイエットはできますが、栄養に偏りが出ることがあるので注意しましょう。

栄養バランスを崩さないようにしたい時には、置き換えダイエット用のダイエット食品を使うという方法がおすすめです。

ダイエット食品には、ドリンク型やヌードル型、おかゆやリゾットタイプの低カロリーで満腹感を得られる商品もあり、味も形もさまざまなので飽きずに置き換えダイエットを継続するごとが可能となるでしょう。

食事の置き換えで摂食障害を予防

リバウンドに気をつけよう

置き換えダイエットは、リバウンドしやすいという欠点があります。

ダイエット方法の中でも食事による摂取カロリーを抑える方法が中心となるのが置き換えダイエットなのですが、食事制限によるダイエットは効果が早くから現れやすい反面、身体がカロリーを蓄積しやすくなるという注

意点があります。

問題なのは食事制限によってダイエットをした後で、すぐ元通りの食事をした場合です。

身体が一気にエネルギーを貯め込み、脂肪に変えて体重を増やしてしまう為注意が必要です。

何よりも、置き換えダイエットでのリバウンドを避けるには、急激なペースで体重を減らさないことが大切です。

身体への負担は急激に減った体重の分と同等なのです。一見ダイエットに成功しているように見えても、実は、リバウンドしやすい身体になっているだけということもあります。

ダイエットを急激にするのではなく、体重を減らすのは1カ月に1~20ぐらいにしてゆるやかに行うことが置き換えダイエットの後にリバウンドを防ぐポイントです。

一定のペースで体重をコントロールし、摂食障害ゆ防ぐ為に大事なことは、継続することです。

高カロリーな食事や大食いは置き換えダイエットをやめてからもしないようにし、低カロリーで栄養バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。

まとめ

朝食以外を置き換えよう

置き換える食事には注意しよう

リバウンドに気をつけよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です