摂食障害と有酸素運動

ダイエットのためにと、食事の量を少なくしている人もいますが、もっと効率的なダイエットがあります。

有酸素運動で摂食障害予防1

筋トレとの相乗効果

ダイエット効果の高い方法として、根強い人気がある方法が、筋肉をつけた後に、有酸素運動をするという方法です。

体重とは無関係に思える筋力ですが、筋トレを行うことによって筋肉を鍛えて代謝のいい身体にする事で、摂食障害克服や、ダイエットに役立つのです。

筋肉増強は体重を減らす効果はないですが、筋肉の多い身体ほどカロリーを消費させやすく、効果的な有酸素運動をすることが可能です。

筋トレから数日間は、代謝の高い状態が維持されるので、有酸素運動をする事で、特に脂肪がよく燃焼します。

ダイエットだからといって、やみくもに運動していたのでは、効率よく痩せることはできません。

脂肪が燃焼されやすい身体にするために、目的を持って運動することがダイエットの成功を手に入れるためには必要になります。

代謝アップに筋肉増強は有効な手段ですので、筋トレで筋肉をつけることと、有酸素運動で脂肪を燃やすことはどちらもダイエットに必要です。

身体に筋肉を増やすことで健康や美容にいいダイエットをすることができますし、結果的に摂食障害の予防にもつながります。

単に体重を減らすよりも身体に負荷が少ない痩せ方ができることが、有酸素運動ダイエットの魅力です。

有酸素運動で摂食障害予防2

リバウンドのリスク軽減

最近は、数え切れないほどの色々なダイエット方法が紹介されていて、どれから始めるといいのかわからないと思っている人もたくさんいます。

そんな人が、摂食障害克服や、ダイエットを達成するためには、有酸素運動はできるだけ取り入れたい方法の1つです。

カロリー制限によるダイエットをする人が多いようですが、食事の量を減らし過ぎるとリバウンドが起きやすくなるので、食事のバランスを考えながら、有酸素運動を組み込むことが大事になります。

有酸素運動というと、真っ先に連想するのがウォーキングや、ジョギングです。

しかし、なかなか時間がつくることができなかったり、天候が悪くて外に出れない時もあります。

もしも、毎日何らかの形で身体を動かしたいと思っているなら、場所や時間にかかわらずできるような有酸素運動がおすすめです。

ストレッチや、エクササイズなどは家庭で手軽にできる運動として実践している人も多いですが、なかなか継続が難しい人もいます。

踏み台昇降運動は、屋内で実践できて、それほどきつい運動ではないもので、ダイエットをしたい人向きです。

10分から20分の運動を行うことで、ダイエット効率の高い運動ができることが踏み台昇降のメリットです。

気温の変化や、天気に左右されずに、毎日続けることができるという点でも踏み台昇降運動はすぐれものです。

日々、一定時間の運動に取り組むことでダイエット効率を上げることができます。

少しずつ効果が現れることから、リバウンドや過食症のリスクも少なくていい方法といえます。

有酸素運動で摂食障害予防3

毎日続けられる運動を選ぶ

ダイエットするには、脂肪を燃焼させなければなりませんが、そのために有効なのは有酸素運動です。

有酸素運動の種類は様々なものがあります。

手軽にできる運動ならば、長続きさせやすいため、摂食障害克服や、ダイエットの成功率は高くなると言われています。

継続的に酸素を消費しながら運動を行うことが有酸素運動の特色であり、長時間、運動を行えるほうがダイエットには向いています。

ウォーキングやスクワット、ジョギングなどは、だれでも簡単にできる有酸素運動なので、はじめてでも手軽に始めることができます。

有酸素運動とダイエットとの関係性について、知っておくと実際に運動をする時に意識する事ができ、効率を上げることが出来る為、有酸素運動でしっかり呼吸をしながら、運動を続けることで、常に体内の脂肪を燃やし続けることができます。

運動開始直後は、血液中に溶け込んでいるカロリーが、エネルギーとして消費されます。

体脂肪が燃え始めるのは、20分以上の有酸素運動をしてからになる為、簡単に行えるものほど、毎日続けることができるので、ダイエット効果が期待できます。

金銭的な負担はありますが、1週間に1回のペースで、ジムに通い、トレーナーにアドバイスをもらいながら、運動をする人もいます。

自己流でダイエットを行う場合には、130分程度の有酸素運動を習慣にすることで、脂肪を燃やすという方法が適しています。

まとめ

筋トレとの相乗効果

リバウンドのリスク軽減

毎日続けられる運動を選ぶ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です