摂食障害と半身浴ダイエット

ダイエット方法はたくさんありすぎて、いったい自分にはどんなダイエットが合うのかわからない!

そんな方に是非、試していただきたいダイエットが、半身浴ダイエットです。

半身浴で摂食障害予防1

水分補給を忘れずに

ダイエットの為に半身浴をするというやり方は、色々なダイエットの中でも特に手軽にできて、やりやすいものです。

半身浴によるダイエットは、お風呂で身体をしっかりと温めて、毎日の疲れを解消する事で、摂食障害の予防にもなる方法であり、気持ちが良いものなので、特に多くの女性に行われているダイエット方法です。

半身浴は身体にいい影響が多いダイエットですが、気をつけたいことがいくつかあります。

お風呂で身体を温めている間、身体からは思った以上の水分が出てしまっている為、注意が必要です。

汗をかく一方で、水分補給を全く行わないでいると、身体の中に必要な水分が足りなくなってしまいます。

身体が脱水状態になると、せっかく血行を良くするはずのものが、水分が足りないために血液がドロドロになり、逆に健康に悪い状態となります。

このような脱水した状態にならない為にも、水分の補給は怠らないようにしましょう。

半身浴では、普通にお風呂に入る時よりもずっと長く人浴していることになりますので、水分摂取は入浴中にもできるようにしましょう。

水分を定期的に補給しながら半身浴をすれば脱水状態になる事はないので安心してダイエットを続けられます。

半身浴で摂食障害予防2

飲酒後の半身浴は控える

半身浴ダイエットは人気のダイエット方法ですが、何か注意点はあるのでしょうか。

半身浴はデトックス効果があり、ダイエットにも有効な健康法ですが、やり方によっては具合を悪くしてしまいます。

入浴はリラックスして行う二とも大事なので、あまり体調が良くないときには無理しないようにしましょう。

半身浴は、ご飯を食べた直後にすると消化を防げることがありますので、食後30分は半身浴をしない方が身体にはいいようです。

通常の入浴よりもかなり多くの汗をかくのも半身浴の特徴です。

ダイエットのために半身浴をする場合、水分摂取ができるようにしておきましょう。

半身浴の前後に水分を摂り、入浴中もお風呂場に持っていきこまめに水分補給をしましょう。

ビタミンやミネラルは汗になって出てしまうため、スポーツドリンクで補うのもいい方法です。

熱いお湯は身体に負担をかけてしまう為、

お湯の温度は40℃以上にならないようにすることも大切です。

半身浴ダイエットを避けた方がいい時は酔っている時や、生理になっている時、風邪を引いている時があります。

血中のアルコール濃度によって血圧が不安定になりがちですので、注意しましょう。

新陳代謝を上げる効果があり、摂食障害予防や、お肌をきれいにする効果がある半身浴はダイエットの強い味方ですが、適切なやり方で実践することがポイントになります。

半身浴で摂食障害予防3

運動との相性も抜群

筋トレと、半身浴を組み合わせることでダイエットが、一層スムーズに進みます。

筋トレによって体に筋肉をつけることが出来れば、その分だけ代謝が良くなります。

代謝がよくなれば、脂肪の燃焼効率もアップするので、よりダイエットがスムーズに進むわけです。

背筋や腹筋、スクワットといった筋トレを継続して行うことで、身体に筋肉がつき、ダイエットの効率が上がりま

す。

女性は、ダイエットの為とはいっても、身体に筋肉がたくさんついて体型がごつくなってしまうのは嫌だと思う人が多いようです。

スリムな身体になる為に、自分自身の体重を支える運動をメインにした軽い運動をたくさん行うといいでしょう。

まず筋トレを行い、その次に有酸素運動をすることで、脂肪を燃やし、筋肉にするという流れができます。

半身浴をする場合は、ぬるめのお湯のお風呂に入るようにします。お腹のちょっと下までお湯の中につかるくらいの感じで、半身浴の時間は30分くらい、のんびりとつかります。

半身浴を行うと発汗が促進され、老廃物の排出も促されて、代謝が活発になりますし、筋トレや、半身浴を中心にしたダイエットは、身体への負担が少なく、摂食障害の予防にもなり、リバウンドも起きにくい方法です。

ダイエットと聞いて真っ先に思い浮かぶのが、食事制限ですが、急激に食事量を減らすと身体に負担がかかりますので、半身浴や続けられる運動を長期間でおこないましょう。

まとめ

水分補給を忘れずに

飲酒後の半身浴は控える

運動との相性も抜群

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です