摂食障害とヨガ

ヨガを続けることで、ダイエットがうまくいき摂食障害が落ち着いたという人は大勢います。

摂食障害克服にヨガ1

朝のヨガが効果的

ヨガの動きは、脂肪を燃やし体重を減らす作用があると言われています。身体のあちこちにある脂肪を上手に燃やすには、ヨガの運動がいいとされているようです。

ヨガのポーズを行うことで、普段は使わないインナーマッスルや、アウターマッスルを刺激できますし、

運動によって筋肉がつけば、代謝の高い体質になれるので、ダイエットの効率が実感しやすくなるといいます。

ヨガは、気長に取り組み続けることが必要になる為、摂食障害の克服に必要な作業興奮が習慣化されやすく、治療とダイエットを両立出来るとても効果的な方法です。

急激な体重の変化は身体に負担をかけることになり、リバウンドしてしまう可能性も高くなる為、

短い期間で一気に痩せたいという時は、ヨガは合わないかもしれませんが、継続的なダイエットをしたいという人にはぴったりの方法です。

これまでヨガをやったことなど、なかった人でも横になって行う寝ヨガという方法は簡単に行うことできます。

ダイエットにいい運動を試してみたけれど、長続きがしなかったという人でも、ヨガなら継続しやすいかもしれません。

朝のヨガが、身体にとっては最もいい影響があると言われています。

身体の血流が良くなり呼吸も整えられ、1日の始めに身体の状態が良くなるので、大きな効果が期待できます。

摂食障害克服にヨガ2

ヨガは種類が豊富

ヨガにはいろいろな種類があり、その中でも特にダイエットに効果的な方法があります。

パワーヨガと呼ばれるヨガの動きが、ダイエットをヨガでやりたい人にはおすすめです。

普通のヨガより、筋肉を鍛える効果が大きいパワーヨガは、ヨガ発祥の時代の動きを多く取り入れていると言われているものです。

現在の一般的なヨガは、難しい姿勢のポーズと、呼吸を安定させるためのポーズを交互に行います。

こちらはゆったりとしたペースで続ける事が出来る為、摂食障害克服を目指す方にも続けやすい方法です。

それに対して、パワーヨガは肉体強化などに適したもので、同じポーズを繰り返し続けるので、筋力を使っていると実感出来るでしょう。

ヨガの中でも、パワーヨガは筋カのトレーニングにもなる為、ダイエットに適していると言われています。

ダイエットに適していると言えば、ホットヨガもダイエット効果があると言われています。

室温を35℃~40℃にまで高くして、その環境の中で運動をするのが、ホットヨガになります。

湿度50%~60%という高温多湿ないろでヨガ運動をして、効果を高めるという効果があり、温かく、室温の高い環境でヨガの運動をすれば、身体は柔らかく動かしやすくなりますので、運動自体もスムーズにできます。

発汗作用も促進されますので、デトックスの効果を期待することができると言われているほかに、体内に滞っていた不要な水分を排出する効果もホットヨガにはあるため、むくみ解消にも有効です。

ヨガの種類はこれ以外にも色々とありますので、自分に合ったヨガの方法を見つけましょう。

摂食障害克服にヨガ3

部分痩せにもヨガ

ヨガは体重が減るだけではなく、その他にもたくさんの効果があります。

日頃の何気ない動作では、なかなか使う機会がない背中や、腹の筋肉を多く使う為、

ただ体重を少なくするだけでなく、身体の特定の部分に対するダイエット効果も期待できるので注目されています

ヨガはゆっくりとした動きを続ける事によって、基礎代謝を高める効果があるので、脂肪を燃焼しやすくダイエットには最適の運動なのです。

ヨガというと、あまり筋カを使わないイメージがあるかもしれませんが、以外にもポーズによっては、筋カトレーニングにもなっています。

人間の身体は、長年使っているうちに少しずつ癖や歪みがついてきます。ヨガにはその歪みを正し、代謝をスムーズにする効果が認められている為、摂食障害克服を目的にヨガを始めた方の中には、冷え性や、手足のむくみが無くなったケースも多く見られました。

youtubeなどでも多くの動画が投稿されている為、今すぐ始められる方法の一つとして積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

朝のヨガが効果的

ヨガは種類が豊富

部分痩せにもヨガ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です