GI値を意識して拒食症予防

食事を意識したダイエットでは、「血糖値について」知っておく事が、とても大切です。

GI値と拒食予防1

低GIはダイエットの味方

食事によって上がった血糖値は、身体から分泌されるインシュリンによって、正常値にまで下げられます。

インシュリンは、血糖値を下げる時に脂肪を増加させる作用があるので、インシュリンが多く出れば出るほど、脂肪も増加すると考えてもいいでしょう。

痩せる為には、食品のGI値を考えながら、食事のメニューを組み、血糖値が急激に上がらないように心がけるとが重要になります。

GI値とは、血液に含まれるぶどう糖の量、血糖指数のことを指します。

低GI食品は、血糖値の上昇するスピードがゆっくりな食品のことです。

低GI食品は糖尿病対策をする為に、意識して食べる必要がありますが、ダイエットにも役立つ知識です。

GI値と拒食予防2

血糖値が高いと危険がいっぱい

糖尿病に対して食事療法を行う場合は、

低GI食品の知識が必須です。

血糖値が上がるのは、食事で得た糖が体内に取り込まれる為です。

その後、インシュリンの働きで血液中の糖は形を変えて使われ、血糖値は元の値に戻るのが健康な身体です。

この血糖値が高い状態でいると、高血圧の原因になったり、脳梗塞や、心筋梗塞など、命に関わる症状が起きてしまう事もあるといいます。

血糖値の高い状態が続くと、

なかなか痩せる事ができない身体になったり、感染症への耐性が低下したりします。

一つ間違うと命を失うことにもなってしまう為、血糖値をコントロールし、糖尿病などの病気の予防が大事であるといいます。

糖尿病の改善に取り組む人にとっては、低GI食品の活用はとても重要なポイントになります。

食事後の血糖値が急激に上昇しないように、糖尿病の食事療法では、低GI食品を重視した献立を作成し、血糖値の上がり方をコントロールしようとします。

肥満と糖尿病の間にはある程度の相関関係があるので、食事の見直し、低GI食品を摂り痩せる食習慣にすることが大切です。

GI値と拒食予防3

低GI食品を取り入れよう

食品にはGI値というものがあり、低い方が痩せる効果があると言いますが、GI値の低い食品とはどんなものでしょうか?

痩せる効果がある食品として知られているのは、まず炭水化物では、食物繊維の多いそば、ライ麦パン、全粒粉のパン、玄米などが低GI食品となります。

ダイエット料理の強い味方になる痩せる食材としては、大豆、きの 海藻、インゲンなどがありますが、

白米や食パンはGI値が高い為、ダイエットには向きませんので、摂取する時には気をつけましょう。

GI値が高いと、食べてすぐに血糖値が上がってしまいますので、ゆっくりと食べたり、摂取量を減らすなどの工夫が必要です。

果物は、ビタミンが多く、カロリーが低い食品として、ダイエット中によく食べている人がいます。

GI値の低い果物は、みかん、りんご、いちごなどですが、食べ応えや、甘味の満足感など、ダイエットに利用するなら、総合的に適した果物を選びましょう。

痩せる食品かどうかを知る為に、食品のGI値について理解しておくことも、大事なことであるといえます。

それぞれの食品ごとのGI値を意識することが、効率的なダイエットにも役だつでしょう。

【今日のまとめ】

低GIはダイエットの味方

血糖値が高いと危険がいっぱい

低GI食品を取り入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です