過食症のリスク コレステロールについて

毎日の食事内容に問題がある為に、コレステロールの値が高くなっている人がいます。

過食症のリスク(コレステロール)1

飽和脂肪酸を意識する

血管を流れるコレステ ールの量を増やさない為には、普段の食事内容に配慮することが大事です。

脂っこい食事ばかり食べていると、血中コしステールが高くなる印象がありますが、実はそれだけではなく、血液の中に存在しているコレステ ールの九割は肝臓でつくられたものであり、残り一割が食事に含まれていたコレステロールだと言われています。

体内でコレステロールを作る為に、必要な栄養素が含まれてる食事を多く摂っていると、結果的に血中のコレステロールが多くなると考えられており、食材に含まれるコレステ ールはまた別個に考えられます。

食事内容に応じて、肝臓でできるコレステ ールの値は違ってきます。どの程度の脂肪量を摂取したかが大事で、飽和脂肪酸の多い脂肪を食事で得ることによって、肝臓は多量のコレステロールをつくります。

脂肪の中でも、不飽和脂肪酸であれば問題ありません。ポテトチップス、チョコ、バター、チーズ、肉の白身部分には飽和脂肪酸がたくさん存在するとされています。

魚、貝類、ごま油、大豆からつくられた加工品などから不飽和脂肪酸が得られます。

コレステ ールを意識した食事をするには、不飽和脂肪酸の多い食材を重点的に食べて、飽和脂肪酸の多い食品はできるだけ食べないようにするといいでしょう。

コレステロール量が増えないように、コレステロールを下げるような食品を摂るといいでしょう。

食べるものや、食べる順番を考えることで、身体の調子を改善し、過食症が原因で起こる様々なリスクを回避することが可能になります。

過食症のリスク(コレステロール)2

食事内容を見直す

生活習慣病にならない為に、食事を工夫してコレステロールを下げようとする方がいます。

食事を用意する時は、何に注意すると、コレステロールを低く抑えることが可能なのでしょう。

最も簡単で手軽にはじめる事の出来る、コレステロール対策と言えば、朝食を和食にする事です。

コレステロールの高いバター、ベーコ

ン、卵などを使わずとも食事ができるからです。

ハムは脂肪が少なく、マーガリンでも高リノール酸でできたものにすればコレステロール対策になります。

カロリーは減らしたいけど、肉は食べたいという人は、鶏肉や豚モモ肉にすると、脂肪の摂取量を減らせます。

血中コレステロール値や、血中脂質を低くしたい時は、青身魚を積極的に食べるようにすると効果があります。

大豆を使った食材は、飽和脂肪が少なく、たんぱく質を含みます。厚揚げ、油上げ、豆腐などを積極的に料理に活用していきましょう。

カルシウムやたんぱく質が多く含む乳製品を体内に補給することは、健康にいい効果があり、あんこを使った和菓子は、クリームたっぷりの洋菓子よりもコレステロールを抑えられます。

普段のお食事だけでなく、間食や飲み物にまで気を配る事で過食症のリスクを下げながら、ダイエット効果を上げていきましょう。

過食症のリスク(コレステロール)3

リスク回避には和食がおススメ

コレステロールは、日々の食事によって変化します。コレステロールが高いと、様々な病気の原因になることが指摘されています。

食事を工夫したり、適度な運動を習慣づける

事でコレステロールをコントロールしようとする人がいます。

果物、大豆や大豆加工品、キノコ類、青魚などを意識して食べることで、コレステロール値を低くしておける為、食事の材料を選ぶ時には、上記の食材を参考にするとコレステ ール値を抑えるのにいいようです。

コレステロールが気になる人には、お豆腐、魚料理、ご飯、みそ汁、漬物などを組み合わせるなど、和食がよいでしょう。

できれば、白ご飯よりは雑穀米の方が適しています。よほどの和食好きでなければ、時々は和食でないメニューの方がいいと思うのではないでしょうか。

欧米風のパン食でも、コレステロールに気をつけたメニューを作ることは、できなくはありません。高カロリーの食事にならないような洋食を作る為には煮物や蒸した料理を中心にすると効果があります。

白ワインやコンソメを活用して、アサリやアジ、高野豆腐を使った料理をすることで、一風変わった食事をすることができることでしょう。

コレステロール値優先でメニューを考えてばかりでは、食事がおいしく感じられなくなり、ストレスによる過食症発症のリスクが高まる為、時にはコレステロールの為ではなく、好物を中心に据えた献立にして食事を楽しみましょう。

インターネットで、コレステロールを上げない食事メニューも載っているので、検索してみるといいでしょう。

まとめ

飽和脂肪酸を意識する

食事内容を見直す

リスク回避には和食がおススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です