短期ダイエットの際の拒食症予防

短期間でダイエットを成功させたい人は、食事の量を意識したダイエットの内容を改善することをおすすめします。

ではどのように内容を改善していけば良いのでしょうか?

拒食症を防ぐ短期ダイエット1

野菜を意識して食べる

ダイエットする時には運動も大切ですが、

毎日の食事を疎かにしていては、健康な体を維持するごとはできません。

そうでなくても、栄養をきちんと摂ることが拒食症予防や健康維持には大切ですので、日頃から食事には注意をしましょう。

カロリーが低く栄養が豊富な食材の代表格は野菜です。

野菜は、ビタミンCだけでなく色々な栄養素が含まれているので、常に野菜の補給は行っておきたいものです。

次に必要な栄養はたんぱく質ですが、

たんぱく質を補給できる食材には、肉、魚、大豆や大豆加工品が挙げられます。

たんぱく質やミネラルを少量の食事で摂れるように、野菜やたんぱく質を含む食品をスープにして食べるといいでしょう。

薄味に飽きたら、アレンジを加えて楽しみましょう。

味つけが濃すぎると、ご飯が進んでダイエットをしづらくなりますので、薄味のメニューになるように心がけましょう。

拒食症を防ぐ短期ダイエット2

効率の良い運動方法

短期間でダイエットをする為には、消費カロリーを出来る限り増やす必要があります。

カロリーを効率良く使うには運動がいいと言われていますが、運動の内容によってもカロリーの消費量は違います。

ここでポイントとなるのは、

無酸素運動の時には糖質が消費され

有酸素運動をする時には脂質が消費されることです。

ダイエットを成功させたいならば、適度な無

酸素運動を行うことで、脂質の消費量をふやしていくのが良いでしょう。

ダイエットを短期間で実践する必要がある人は、体脂肪の元である脂質を消費するような運動をすることです。

短期間でダイエットするには、有酸素運動によって脂肪が消費されることを意識することが大切です。

このようにダイエットには有酸素運動を取り入れることが重要ですが、筋トレと有酸素運動の組み合わせによって、より効果が上がります。

実際に行う時には、最初に筋トレをして、体が温まってから軽いジョギングをします。

筋トレを行うことで糖質が燃焼されて、成長ホルモンの分泌を促す効果があり、成長ホルモンは脂肪をエネルギーとして使用しやすくします。

ジョギングは、適度な運動を長時間続けるタイプのものなので、糖質を燃焼させるような、短時間の無酸素運動とは違います。

ジョギング前に筋トレを行い、身体を温めて体脂肪が燃焼しやすいコンディションを整えた上で、満を持してジョギング運動をスタートさせると効果的です。

このダイエット方法であれば、拒食症の予防につながりダイエットに役立ってくれます。

拒食症を防ぐ短期ダイエット3

長期的な目標を立てよう

ダイエットは短期間でやって、

痩せたいという人がいます。

あっという間にスリムを目指す、短期間のダイエットには、注意しなければならないことがたくさんあります。

短期間のダイエットで作った体型は短い間であれば、キープすることができますが、ダイエットを急激におこなった時ほど、リバウンドがでやすくなるといいます。

ダイエットをゆっくりと長期に渡ってするのであれば、体質を太りにくく、痩せやすいものへと変えていくことができので、ダイエットの為に体質を変えるなら、長期スパンで取り組めるダイエットを選ぶ事が大切です。

低カロリーの1つの食材だけを食べ続けるダイエットや食事量をいきなり減らすようなダイエットが、短期間のダイエットにはあります

。極端な食事制限をすると、身体が飢餓状態になり次に食事をしたときにエネルギーを溜め込もうとします。

無理なカロリー制限とリバウンドは隣り合わせです。

食事制限のような短期間でのきついダイエットは、精神的な負担も大きい為、ダイエット後にストレスを発散する為に、過食衝動が起こるリスクもあります。

リバウンドさせず、短期間のダイエットが終わってからも体重を減らしたままにするには、長期的に継続出来る食事や運動を目標としてたててみてはいかがでしょうか。

まとめ

野菜を意識して食べる

効率の良い運動方法

長期的な目標を立てよう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です