拒食症予防は正しい計画がカギ

近年無理なダイエットから拒食症を発症する方が増えています。

ダイエットをはじめるからには、健康で綺麗な身体を目指してみてはいかがでしょうか。

拒食症予防についてその1

目標を決めよう

ダイエットを始める前に、必ずノートや手帳を用意して下さい。

手帳やノートに、何kgを目標にダイエットをするのか、どの部位を細くしたいのか、どんな方法でダイエットを行うかを、ダイエットを始める前に書き出しましょう。

具体的に現在の体重、痩せたい部分の太さも測っておくと後で比較でき、拒食症の引金となる、無理なダイエットを予防し、

理想のスタイルに向けて、何センチ痩せたのか記録する事でわかるので、モチベーションアップにも繋がります。

ダイエットの目標を決める時は、

無理のない目標を設定しましょう。

自分にできる範囲で2~3キロの減量を目標に設定するのがオススメです。

ダイエットに成功するか否かは、

成功させるための意欲を持ち続けられるか、どうかではないでしょうか。

目標をなるべく具体的に立てるだけでも、ダイエット成功が近づいていると言えるかもしれませんね。

拒食症予防についてその2

コツコツ続けよう

ダイエットをするのであれば必ず成功させて、健康や美しい体を手に入れたいものです。

では何をどうすれば、途中で挫折する事なくダイエットを成功させる事ができるのでしょうか。

まず知っていてほいことは「コツコツ続けること」がダイエットと拒食症の予防には大切という事です。

短期間で痩せるような、過激なダイエットは一般人には向かないものです。

毎日少しずつ、長期に渡ってダイエットをする二とが重要です。

挫折せずにダイエットを続けるためには、楽しいダイエットをしましょう。

.

運動が苦手な人であれば、ジョギングやウォーキングを続けるのは大変かもしれません。

途中で諦めてしまうようなダイエットをしても、ダイエットを成功させる事は不可能でしょう。

家の中でテレビを観ながらできるストレッチを取り入れてみたり、食事を工夫するダイエット方法に変えてみるのも良いでしょう。

食べる量は余り減らしたくないけれど、運動ならば続けられるという人は、カロリー制限はできる範囲にして、運動量を増やしてダイエットをするといいでしょう。

拒食症予防についてその3

日記をつけよう

ダイエットを成功させるために、日記をつけることが、有効だといいます。

なぜ、日記をつけるとダイエットを成功させやすくなるのでしょうか。

日記をつけることで食べるものを管理したり、気持ちの変化といった努力が見えるようになり、反省点や改善点がわかる事がモチベーションアップと拒食症予防へとつながります。

ダイエットの記録が手軽につけられる携帯アプリなど、ダイエット記録をつけやすいネットのサービスを活用しながら、あなただけのダイエットライフを作ってみてはいかがでしょうか?

【まとめ】

目標を決めよう

コツコツ続けよう

記録をつけよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です