拒食症と内臓脂肪について

ダイエットをして内臓脂肪を減らしたい人にとって適度な運動が不可欠です。

どのような運動をすれば内臓脂肪を減らすことができるのでしょうか。

内臓脂肪と拒食症1

運動で内臓脂肪を燃やす

一口に運動といってもその内容は様々ですが、有酸素運動は内臓脂肪の燃焼を促進します。

ウォーキング、水泳、サイクリングなど、体内に酸素を取り入れながら時間をかけて行う運動が、有酸素運動と呼ばれるものです。

酸素とカロリーが身体の中で結びつき、運動に必要なエネルギーを作るので脂肪を消費します。

有酸素運動は特に、拒食症を予防し、内臓脂肪を少なくしたいという人に、おススメしたいダイエット方法といえるでしょう。

酸素をあまり取り込まずに激しい運動をすると、乳酸という物質がたまり疲れやすくなりますが、有酸素運動であれば長い時間続けることができるのもメリットです。

有酸素運動は、内臓脂肪を消費することができ、20分以上行うことで、エネルギー源が途中から体脂肪に変わるので、ゆっくりと脂肪を分解していきますし、会話が可能なくらいの有酸素運動ならば、30分から1時間は運動を継続することが可能です。

有酸素運動だけでなく、筋トレのような無酸素運動をプラスすることで、一層基礎代謝を高められます。

ダイエットで内臓脂肪を減らしたいというのであれば、無酸素運動と、有酸素運動の両方ができるような運動をするといいでしょう。

内臓脂肪と拒食症2

内臓脂肪はリスクが沢山

内臓脂肪を減らすダイエットに力を注ぐ人は少なくないようですが、内臓脂肪を減らすことは健康にいいのでしようか。

内臓脂肪が多い人は、糖尿病、動脈硬化、高血圧などの症状が出やすいといいます。

内臓脂肪がたくさん作る悪玉物質によってインスリンの効果が低下し、糖尿病の原因になります。

血栓を作りやすくするPAI-1の産生も活発になりますし、血栓が脳に行くと脳血栓になるなど、命に関わる重大な症状に関わってきます。

血管の平滑筋の増殖を引き起こす物質も内臓脂肪が生産しており、動脈硬化の要因にもなります。

内臓脂肪は、皮下脂肪と比較して代謝が高いために、皮下脂肪よりも多くの物質を作るという性質があります。

内臓脂肪をダイエットによって減少させると、数々の健康効果があるというのは、この様な理由からです。

内臓脂肪は普通預金のようなものです。

皮下脂肪より引き出しやすく減らむとはそれほど困難ではありません。

健康や拒食症などの摂食障害予防のためにも内臓脂肪ダイエットを実践しましょう。

男性と女性を比較した場合、男性で肥満体型の人のほうが、生活習慣病にかかりやすいため、ダイエットの必要性も高いといいます。

ダイエットは女性がするものと思っている男性も多いようですが、重大な病気にならないためにも男性も日頃から内臓脂肪を意識したダイエットを行う方が良いでしょう。

内臓脂肪と拒食症3

食生活を改善する

年齢を重ねるとともに代謝がダウンすることで、内臓脂肪が気になってダイエットをする人は多いのではないでしょうか。

内臓脂肪が多くなると健康にも悪影響が出る為、ある程度年をとったら健康のためにもダイエットをした方がいい人もいます。

中高年が内臓脂肪ダイエットをする場合にまず行わなければならないのは、食生活の見直しです。

早食いはやめて、30分はかけて食事をすることと、高カロリーの油脂を少な目にすることが拒食症予防とダイエットのコツです。

内臓脂肪を意識した食事は朝昼晩と規則正しく3食摂ることが重要です。

お菓子などの間食やアルコール摂取はできるだけ減へらすように心がけましょう。

腸内のコンディションを整えることも、30歳以降の年齢の方が内臓脂肪のダイエットをするためには大事です。

腸内環境が悪く排泄がスムーズにいかないと、大腸内に残っている食べ物が腐敗し、内臓脂肪として蓄積されてしまいます。

代謝を高める為には、腸の働きを活発にしてお通じを促すことです。食物繊維や乳酸菌で腸の働きを活発にすることが、拒食症を未然に防ぎ、尚且つダイエットにもよい方法だとされています。

中高年の内臓脂肪ダイエットには運動も必要と言われており、その中でも特におすすめなのは有酸素運動です。

有酸素運動を一定時間行うことで、血液に乗って流れている脂肪を運動に必要なエネルギーとして使うことができます。

血液中の脂肪がなくなると、次に蓄積された脂肪が燃焼されるので内臓脂肪が減っていきます。

内臓脂肪を消費するダイエットを中高年が実践する時は、適度な有酸素運動と食生活の改善の合わせ技が有効です。

まとめ

運動で内臓脂肪を燃やす

内臓脂肪はリスクが沢山

食生活を改善する

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です