拒食症と便秘予防に腸もみ

お通じを改善する為に何度かおへその周りをもみほぐすというダイエット方法が、腸もみダイエットというものです。

拒食症につながる便秘を防ぐ1

腸もみはメリットが沢山

ちょうどおへその周りが小腸のある位置です。小腸を刺激することで腸の働きを促進することができます。

便秘が続くことで、下半身や顔にむくみが出たり身体を壊してしまうこがあるといいますが、

下半身を引き締め、拒食症予防や、むくみを解消する為にも、腸もみダイエットで、身体の調子を整えましょう。

単にダイエットに有効なだけではなく、腸もみによって腸の機能が改善することによる利点が色々あります。

身体の調子は、便秘や下痢が改善されることで上向きになります。新陳代謝も自然と促進され、それにより体内の脂肪も燃えやすくなり、代謝がよくなって過食嘔吐につながる体重増加のストレスも改善していくでしょう。

生活習慣やストレスなどが原因で、便秘になってしまい、悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

食事制限をダイエットの為にしている場合、普段の食事で食物繊維などが足りなくなってますます便秘になることがあるといいます。

新陳代謝を活発にしてダイエットに効果的な体質になるためにも、腸もみダイエットで便秘を改善しましょう。

たくさんのマスコミでも注目されている腸もみダイエットは、誰でも簡単に自宅で行うことができるダイエット方法という長所もあるのではないでしょうか。

拒食症につながる便秘を防ぐ2

腸もみの注意点

どのようなことに気を付けて腸もみダイエットを実践したら良いでしょうか。

短い期間では腸もみダイエットの効果は得ることができないので、しばらく継続するごとが大切です。

毎日継続することによって、効果的にダイエットをするとができます。きちんと継続することによってお肌の調子も良くなり、身体の調子も良くなりますので毎日欠かさず続けることが大切です。

腸もみダイエットは体調がすぐれないときにはやめておきましょう。

体調を悪化させてしまうこともあるのは、生理痛の時、食後すぐ、下痢をしている時などの腸もみです。その中でも特に腸もみダイエットをしてはいけないのが、妊娠をしている人です。

いくら毎日腸もみダイエットをしているからといって、他に何もしないのは逆効果だといえるでしょう。

基本的に腸もみダイエット中は、適度な運動とよく眠ること、極端な量を食べたり飲んだりせずに、カロリー量にも気を付けながら食事をすることが重要です。

拒食症につながる便秘を防ぐ3

腸もみのやり方

腸もみダイエットの方法はそんなに難しくありません。おへそを中心に半径3cmの円上をなぞるように揉んでいくのが、いちばん単純な方法です。

時間や場所が決まっているわけではなようですが、あまり体調が良くないときや食事をしたあとは腸もみするのはおすすめできません。

お腹を冷やさずに、リラックスしているときにゆっくりと揉みほぐしていきましょう。

腸もみダイエットは仰向けになって行うのが最も良い方法です。理想的なのは腰の下に座布団やクッションなどをあてることです。

日々、重カの関係で腸は下の方へ下がり気味ですが、仰向けになることによって正しい位置に自動的に戻っていきます。

解放感にひたれるように深呼吸をしながら、手のひらでお腹をまんべんなくマッサージします。

腸を活発にして、腸もみダイエット効果をアップさせる効果が、この準備運動のマッサージをすることにあるといえます。

まず腸もみダイエットの準備をしてから、おへそのまわりを円を描くように押し回すのですがおへそから3cm左の位置に両手を開いて当てて行いましょう。

手を置くときは左右の手の人指し指、中指、薬指をそろえて重ねましょう。

好きなアロマオイルでオイルマッサージをしたり、マッサージジェルを使用するのも、拒食症予防には良い方法です。

腸もみダイエットを行うタイミングとしては、起床後、入浴後、就寝前などが、腸もみダイエットを行うのにぴったりの時間だといえるでしょう。

まとめ

腸もみはメリットが沢山

腸もみの注意点

腸もみのやり方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

過食嘔吐に杜仲茶