拒食症と体型維持

女性がダイエットをする場合、モデル体型を目指す、過度なダイエットにより、拒食症を発症する方が多いと言われています。

体型維持で拒食症を発症しない為に1

自分にとってのベスト体重を知る

モデル体型は標準体型よりかなり痩せていますが、マスメディアの影響からか、無理なダイエットをしてしまう女性も多いといいます。

手足がすらりとしていて全体的に細くどんな服でも着こなせそうなイメージが、女性にとって理想的と言われる体型ではないでしょうか。

ダイエット特集記事などが美容雑誌に載るときは、モデルさんの名前を具体的に挙げて、あこがれの体型になろうといったような記事もよくあります。

ショービジネスに生きる人が着る服をもっときれいに見せる為になる体型が、モデル体型というものです。

本当に自分にとってベストな体重、体型を再確認する事で、拒食症のリスク回避や、長期的なダイエットの成功を手に入れましょう。

女性は自分の骨格や体質から、自分自身が一番キレイに見える体型はどんなものかを意識していくほうが、健康的で美しい体型になれるでしょう。

体型維持で拒食症を発症しない為に2

体重では無く体型を意識する

多くの人がダイエットで体重を少なくしたいと思っているようですが、体重を減らすことが女性のすべきことはではなく、体型を良くすることが重要です。

体重が減少すれば美しい体型になるかというと、実はそうではありません。

筋肉も脂肪もついていない痩せすぎた女性に対し、女性的な魅力を感じるという男性はそんなにいないのではないでしょうか。

正しい姿勢を保ち、下腹部がすっきりするだけで外見のイメージはずいぶん変化するでしょう。

顔や下半身に蓄積してしまっている水分や老廃物を排出することでむくみを解消すれば、身体がその分、締まってくるはずです。

便秘を治すことも大切です。

効果的にむくみ解消や便秘の改善をする為には、軽い運動がおすすめです。

体重では無く、体型を意識することにより、拒食症の予防だけでは無く、様々なメリットを得ることが出来ます。

体型維持で拒食症を発症しない為に3

コツコツ続けてリバウンドを避ける

たくさんの女性がダイエットをしていますが、大事なダイエットのポイントに体型維持ということがあります。

ダイエットをせっかく頑張っても、目標体重になった後も、体型を保持できなければ、無意味だといえるでしょう。

リバウンドはダイエットにはつきものですが、リバウンドによって、体重がダイエット以前の体重に戻ってしまうと、モチベーションが下がり、拒食症のリスクにもつながります。

ダイエットをしている時からリバウンド対策をしておくと、リバウンドを起こさないで済むようになります。

ダイエットは急激にするのではなく、体重をゆっくりと時間をかけて減らすことです。

理想の体型は長期的な意識で、ゆっくりと作っていけば、元に戻ってしまうことはないでしょう。

激しいダイエットによって体型を作ると、わずかな過食や運動不足でも崩れてしまうものです。

ダイエット後のリバウンドを避けるには、目標を細かく決めて、少しずつ体重を減少させるようなダイエットを計画することが大切です。

体脂肪率や体重の計測は、一度ダイエットに区切りがついてからもしっかり続けましょう。

まとめ

自分にとってのベスト体重を知る

体重では無く体型を意識する

コツコツ続けてリバウンドを避ける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です