シソ酢で拒食症予防

ダイエットにはさまざまな方法がありますが、その中でもしそ酢ダイエットは人気のダイエット方法です。

拒食症予防とシソ酢1

脂質や糖の吸収を穏やかにする

しそ酢がダイエットにいいのは、ポリフェノールの一種であるロズマリン酸が、脂質や糖の吸収をゆっくりにしてくれるからです。

そのため、しそ酢ダイエットは、体重の増加がキッカケで起こる拒食症の予防にも効果があるのです。

ロズマリン酸は、マルターゼと呼ばれる酵素の働きをゆっくりにします。

マルターゼは、炭水化物を麦芽糖にするために、必要な酵素なのですが、ブドウ糖になることができなかった麦芽糖は身体の外へと

出ていきますので、これによりインシュリンの分泌が抑制され、余った糖分が脂肪になりにくくなる効果があります。

しそはダイエットにいいだけでなく、含まれるカロチンの作用で免疫力を高めたり、血液をさらさらにします。

しそ酢は、しその健康効果だけでなく、黒酢に含まれる代謝の促進作用や、お通じの解消効果などもありますので、健康的なダイエットを成功させるにはとても役に立ちます。

しそ酢を賢く使うことで、ダイエット効率をアップさせみてはいかがでしょう。

拒食症予防とシソ酢2

シソ酢の作り方は簡単

健康にもダイエットにも効果があるといわれているシソ酢ですが、自宅で作ることはできるのでしょうか。

用意するものは、しそと黒酢だけなので、誰でも簡単にしそ酢を作ることは可能です。

しその絞り汁を作るために、最初にしそをさっと洗って水気を拭き、つぶしてガーゼで濾しましょう。

青じその絞り汁を黒酢と混ぜ、煮沸した瓶に入れれば完了です。たくさん作っっておけば、好きな時に飲むが可能になります。

目安としては、1 30ml ~ 40mlのしそ酢を飲むようにします。生のままでは香りや飲み が苦手だという人は水で10倍程度に希釈するといいでしょう。

食後にしそ酢を摂取することで、ダイエットや拒食症のリスク軽減の効果を高めることができるといいます。

酸味は食欲を促進して、食事の量が増えてしまいますので、ダイエット中の人は食後に飲むほうが無難です。

空腹時だと胃の弱い人は、粘膜が荒れてしまうこともありますので、食後のほうが安心ではないでしょうか。

しそ酢を1 複数回に分けて摂取することで、効果をより高くすることができます。

しそ酢はツンとくる香りがきつくて飲みにくいという場合は、ハチミツを少し足すといいでしょう。

しそ酢は、飲んだからといってすぐにダイエット効果が出るわけではなく、気長に毎日飲み続けるごとが大事になります。

すぐに効果は出ずとも、1カ月はダイエット

効果が出るように、しそ酢を摂取するとが大事になってきます。

拒食症予防とシソ酢3

シソ酢はあくまでもサポートに

しそ酢は健康にもダイエットにも効果がある食品ですが、しそ酢ダイエットの効果をより高める為にはどうしたらいいのでしょうか。

空腹時に濃度の濃いしそ酢を飲むと、胃腸に負担がかかることになる為、胃に適度に物が入っている時にしそ酢を摂取しましょう。

しそ酢を水で希釈したものを摂取するという方法も、胃に優しい飲み方です。

しそ酢を食事の後に摂取するだけの手軽なダイエット方法ですが、しそ酢を飲むこと自体はダイエットのサポート的な位置づけと考えましょう。

適度な運動をするごとが、ダイエットを成功させるためには大切です。

脂肪をより燃焼させるためにもヨガやウォーキング、水泳など自分でできる運動を積極的に取り入れましょう。

しそ酢を飲むことと平行して積極的に身体を動かすことを習慣にすれば、自然と拒食症予防とダイエットを両立させることができます。

ハードな運動をした方が脂肪はよく燃えますが、毎日、少しずつの運動する方が、結果的にはいいようです。

食事内容を見直し、適度な運動をして、さらにしそ酢を摂取することによって、健康的なダイエットをすることができることでしょう。

まとめ

脂質や糖の吸収を穏やかにする

シソ酢の作り方は簡単

シソ酢はあくまでもサポートに

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です