過食症防止に簡単ダイエット

多くの人が、簡単にできる減量方法を知りたいと思っています。自分の体質や生活習慣がそのダイエット方法に合っていれば、簡単に減量する事ができます。

簡単ダイエットで過食症予防1

自分に合うダイエットを探す

数えきれないほどのダイエット方法があり

世の中にはあります。

例えば8時間以内で朝昼晩を食べるというダイエット方法や、豆乳ダイエットや、バナナダイエットなど手軽にできるダイエット、短時間の断食を行うダイエットもあります。

その中の一つか二つを試したことがある人なら体感しているでしょうが、自分の体質に合う簡単な減量方法を知ることは、以外と大変です。

2人で同じ減量方法にトライしても、人によっては劇的な効果があり、人によっては体重が一向に変わらないということもあります。

実際これからダイエットを始めるという人は、どんな減量なら自分の身体に効果があるか、簡単な方法から調べてみましょう。

減量をしている時は順調に体重が減るけれども、ある程度体重を減らすことができて、食事や生活 以前のものにしたら、急激にリバウンドをしてしまったという話は珍しくはありません。

極端な食事制限などを減量方法に用いると、過食症のリスクの他に、リバウンドしやすい体質になるといいます。

簡単な方法で減量をする時には、後々リバウンドが起きないようにも配慮しましょう。

簡単ダイエットで過食症予防2

間食を減らす

簡単なダイエットの方法をいくつか紹介しましょう。

それは間食を減らすという事です。

間食はしてないという方もいるでしょうが、13食の食事以外に本当に間食をしていないのかもう一度確認してみてください。

昼から夜にかけて、ちょっとしたつまみ食いも含めて何を食べたか考えてみるといいでしょう。

意外と、本人も気づかないうちにカロリーの高い様々なものを摂取しているということがあります。

清涼飲料水はコップ1杯でも意外とカロリーがあるのでダイエットをしている時は、ちょっと一口のつもりでも、やめておくほうが無難です。

ジュース1杯でも気に留めて、間食を減らしていくことで確実にダイエット効果が期待できるようになります。

ダイエット中の水分摂取は、水やお茶がおすすめです。糖分を含有しない、カロリーのない飲み物を常用する習慣をつけるようにしていきましょう。

コーヒーや紅茶も飲むのが習慣になっている人も多いと思いますが、缶コーヒーや紅茶には砂糖が沢山使用されているので、ダイエット中の人には向いていません。

常用していたコーヒーや紅茶を我慢することは、気持ちの上でもなかなか辛いという人もいます。

飲むならば無糖にしたり、11杯だけにするなどして自分なりに制限をすることが、簡単なダイエットを成功させるための秘訣です。

簡単ダイエットで過食予防3

ホメオスタシスに気をつける

簡単にできる減量でも、できれば継続的に体重を減らしていきたいと考えるのではないでしょうか。

簡単な減量において大切なリバウンドがどうして起るのかと言う事について調べてみました。

人は生きていく為や活動のためにカロリーを補給しています。1日に使うカロリーより、体内に取り入れるカロリーの方が多ければ太る事は道理です。

炭水化物を極力摂取しないことで、摂取カロリーを制限するダイエットがあります。

米やパンなど主食に相当する部分の食事を抜くことで摂取カロリー量を制限するというやり方ですが、このダイエットには欠点があります。

短絡的に考えれば、食事を減らしてカロリー摂取量を減らせば減量が可能と思いがちですが、人間の身体にはホメオスタシスという働きがあるため、食事をいきなり減らすと身体がその影響を受けないように代謝を下げてしまいます。

身体を痩せにくい体質にしてしまうという事です。

突発的な原因で食事がしばらく得られなくなった時などに健康状態を維持するために、ホメオスタシスという機能はあります。

身体からすれば、急に供給される食事の量が少なくなるわけですから、対策を立てねばならないと思ってしまうのです。

簡単な減量をと食事の量を減らし、ホメオスタシスが働き出したころに食事を戻すと、身体はカロリーを貯め込んでリバウンドしてしまいます。

簡単な減量をする前には、なぜリバウンドが起きるかを理解し、ホメオスタシスの働きを考慮に含めた減量をするようにしましょう。

まとめ

自分に合うダイエットを探す

間食を減らす

ホメオスタシスに気をつける

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です