過食症克服と縄跳び習慣

ダイエット方法は様々なものがありますが、中でもダイエット効果が期待できるのは、縄跳びダイエットです。

縄跳びで過食症克服1

生活習慣の改善に効果抜群

縄跳びは、ウォーキングやジョギングと同様に、有酸素運動になります。

継続的に縄跳びをすることで、脂肪を燃焼させて体重を減らすことができますし、簡単な運動を習慣化する事で、過食症克服の為の生活習慣改善にも役立ちます。

縄跳びをすることで、全身についている体脂肪を分解、燃焼できるので、非常にダイエットに向いています。

足のラインを引き締める効果も、縄跳びダイエットには期待できますし、何より筋肉の刺激の仕方も調節できます。

縄跳びダイエットには、ふくらはぎや太もものシェイプアップ効果が期待できます。

キュッと締まった美脚になりたいという人は、縄跳びの活用がおすすめです。

縄跳び運動は心肺機能のアップ、リズム感の向上、てストレス発散効果などもあるといいますし、全体で飛び上がることで、体内の脂肪を効率的に燃焼させます。

誰でも簡単にできる全身運動が縄跳びダイエットの良いところでもあります。

縄跳び運動をするごとで筋肉を増やし、基礎代謝を高めるごとができるため、ダイエットのしやすい体質になれるでしょう。

過食行為の原因が体重増加や運動不足によるものであれば、縄跳び運動を習慣の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

縄跳びで過食症克服2

摂食障害のリスク軽減

なぜ縄跳びをするとダイエット効果があるのでしょう。

ジャンプを繰り返しおこなう運動が、縄跳びの基本的な動作ですが、連続でジャンプする運動である縄跳びでは、太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉、ハムストリングなどの筋肉が、鍛えられます。

下半身の色々な筋肉を使うことで、ふくらはぎの引きしめ効果や、下半身ダイエットができるのです。

縄跳びダイエットでは、下半身をより強くすることで、ダイエット向きの、新陳代謝の高い身体になるごとが可能だといいます。

縄跳びは、ダイエットに適した有酸素運動であるだけでなく、全身の脂肪が使える全身運動です。

体内に蓄積された脂肪を速やかに燃やすことができるのは、縄跳びが同じペースで運動が可能なためです。

縄跳びダイエットを毎日続けることによって、筋カを、アップさせて基礎代謝を上げるとで、痩せることができるというわけです。

縄跳び運動をするとストレス解消ができて、心肺機能に負担がかからなくなる事で、過食症の克服や、拒食症などの摂食障害のリスク軽減に効果的だといいます。

毎日縄跳びをすることで、イライラ気分や、どんより気分をすっきりさせる事ができます。

縄跳びで過食症克服3

130分でOK

ダイエット効果があると最近ブームになっているのがなわとびを使ったダイエットです。

ダイエット効果があるという有酸素運動には、ジョギング、ウォーキング、そしてなわとびがあります。

有酸素運動はダイエットにいいだけでなく、ストレス解消作用や、心肺の機能をアップ、過食症などの摂食障害予防作用もあります。

ジャンプすることで全身の脂肪を揺らし、全身運動となるので、ダイエットの効果はかなり高いと言えるでしょう。

有酸素運動は、20分以上続けることで脂肪を燃焼させるといい、跳ぶベースは1分間に60回で、無理をしない程度に3分間、まずはなわとびを跳びます。

5分程度の休憩を入れながら、3セット行いましょう。慣れてきたら、回数を増やしていけばOKです。

なわとびによるダイエット効果を高めるには、脂肪が燃焼を始める20分くらいは跳べるようになることです。

ダイエット効果を得たいからといって、無理をするのは危険です。

足首やひざに負担がかかる運動なので、なるべく柔らかい地面の上で行うのがおすすめです。

なわとびによるダイエット効果をアップさせるには、軽く準備運動をして身体を温めておくことで運動がしやすくなり、ダイエット効果もよくなります。

縄跳びが終わったら、足のストレッチや、マッサージをすることも忘れないようにしましょう。

まとめ

生活習慣の改善に効果抜群

摂食障害のリスク軽減

130分でOK

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です