過食症を抑えるキャベツダイエット

過食症の克服や、食生活の改善におススメな方法として、キャベツを使ったキャベツダイエットがあります。

過食症の代用食 キャベツ 1

噛む回数を意識する

人間の脳は、満腹中枢という満腹を感じる部分と、空腹を感じる摂食中枢という部分があります。

食事の前にキャベツをよく噛んで食べることで、満腹枢を働きやすくしておくことで、過食を防ぎます。

キャベツダイエットと呼ばれる方法であり、たくさんの人がダイエットのために行っています。

ダイエットに用いるといい食材として、キャベツを挙げる大学の医師もいますので、積極的に使いましょう。

難しいテクニックやルールなどはありませんので、キャベツダイエットはやりたいと思えばいつでもできます。

食事の前にキャベツを6分の1個ほど食べるだけです。食べやすい大きさに切ったキャベツを時間をかけて、よく噛んで食べるのが過食症克服の為のコツです。

キャベツはカロリーの少ない食べ物ですが、かさがあるので、お腹がいっぱいになり、グルテンなどの過食を防ぎます。

リーズナブルな価格で、スーパーの野菜売り場で気軽に買えることも、キャベツの優れた点の一つといえます。

ダイエットをしている時に筋肉の量が少なくなると基礎代謝も低くなってしまいますので、キャベツダイエット中はたんぱく質の確保も大事です。

体重を減らしたいからといって、キャベツとたんぱく質だけでは、具合を悪くしてしまいます。

毎日の食事内容に配慮してバランスのとれた献立にすれば、様々な栄養成分を補給することができるでしょう。

ダイエットのルールを守りつつ、栄養バランスのいい食事内容を心がけて、栄養が偏らないように努力します。

過食症の代用食 キャベツ 2

温かい食事で過食予防

キャベツをどんなふうに料理するかを知っておくことで、キャベツダイエットを長く続けやすくなります。

1、キャベツをさっと洗い、生のまま一口大のサイズに切ります。

ドレッシングを少しつけて食べるだけの方法

は、短時間ですぐの作れます。

生のキャベツを食べる時の定番は、千切りかもしれませんが、太い千切りと細い千切りとでは食感が違うのでざく切りはまた違った味わいです。

もしも、ダイエット目的であるなら、ざく切りキャベツが満腹感を得やすいようです。

2、キャベツを蒸したレシピも、ダイエットに役立つ食べ方のひとつです。

1人前は1 /4個のキャベツを一枚ずつ水洗いします。キャベツのみでもおいしく食べられますが、ベーコン、肉、もやしと一緒に蒸すことで、一品料理になります。

電子レンジに、シリコンスチーマーやお皿にキャベツや下味をつけた肉を入れ、ラップをかけて熱を加えればできあがりです。

ダイエット中なら、ベーコンや豚肉は少なめにするといいでしょう。

塩味か、ポン酢味でおいしく食べることができます。

3、ダイエットメニューには、ソーセージとキャベツの入ったスープもいいでしょう。

キャベツとソーセージを、スープの具にちょうどいい大きさに切って煮込むだけで完成です。

調味料は簡単に塩のみでもいいですし、コンソメスープで煮込んでもいいですが、薄味を心がけます。

温かいスープをたっぷり食べることで、身体も温まり、副交感神経が優位になる事で、過食症克服の効果も得られるレシピとなっています。

まずは簡単に作れるものから、挑戦してみましょう。

過食症の代用食 キャベツ 3

味のバリエーションを楽しむ

キャベツダイエットは効率的なダイエットができる方法として人気がありますが、実践するにあたってどんなとに注意したら良いのでしょうか。

キャベツダイエットで重要なことは、食事メニューをキャベツだけで終わらせないことです。

ダイエットの為にと、キャベツオンリーの食生活をしていると、身体が維持できなくなるばかりか、過食症などの摂食障害のリスクも高まります。

キャベツだけの食事にするのではなく、キャベツ以外の食事もバランスよく摂取しましょう。

著しく低カ リーな食事をしていると、ダイエットの反動でリバウンドが起きてしまうごとがあります。

主菜や副菜で健康維持に必要な栄養を摂取してキャベツをよく噛んで満腹感を得るようにすることが大事です。

キャベツを食べることで、他の食品は少ない量でも満足できる食事内容にすることができます。

キャベツだけの食事は、栄養不足の原因になる為、極端なダイエット方法は注意した方が良いでしょう。

何もつけず、味のないキャベツを食べることがキャベツダイエットでは最も望ましいですが、中々難しいものです。

ですが、マヨネーズはそれ自体が高カロリーなので、キャベツの調味料には向きません。

毎日同じ味のキャベツを食べ続けているとさすがに飽きますので、カレー粉や、塩昆布など、低カロリーな食品で、色々な味つけに挑戦してみてください。

まとめ

噛む回数を意識する

温かい食事で過食予防

味のバリエーションを楽しむ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です