過食後の便秘解消方法

便秘はダイエットの大敵です。便秘に悩む人が多い背景には、ストレスの蓄積や、洋食文化の影響があります。

過食後の便秘解消1

体質改善を行う

便秘は食べたものが腸の中で長時間とどまっている状態で、便秘による毒素が代謝を低下させ、体の循環が悪くなるせいで痩せにくい体質になる事がわかっています。

便秘は便秘を呼ぶのでひどくなる前に改善しましょう。市販の薬で便秘の症状を治すという方法もありますが薬に依存することがないようにする必要があります。

自分に合った方法で便秘を改善し、腸をきれいにして代謝機能を高めダイエットしやすい身体作りをすることが大切です。

では、実際に過食後の便秘の解消方法としてよく知られているものには、何があるでしょうか。

一時的な解消方法を試しても短期間では改善されないことも多いようですが、あきらめずダイエットのためにも継続出来る方法を選ぶことが大切です。

もしひどい便秘で便秘薬を使用しているのであれば、解消方法を試しながら量や回数を減らしてみましょう。

急に薬をやめると便が溜まりすぎてしまい、さらに便秘を悪化させてしまうことがあるからです。

効率的なダイエットのために、便秘の問題を何とか解決して、代謝のいい身体を作ることに力を注ぎましょう。

過食後の便秘解消2

腸内の善玉菌を増やす

便秘の状態が続くとダイエットの妨げになるといわれています。どんな生活スタイルが便秘を解消し、運動や食事改善の効果が上がる、ダイエットに適した体質になれるものなのでしょう。

便秘を解消する為には、とにかく腸内の善玉菌を増やすことが大切です。

生きて腸まで菌が届くヨーグルトやオリゴ糖を摂取したり、乳酸菌のサプリメントを摂るのもおすすめです。

水溶性食物繊維を摂ることやストレスの無い生活を送ること、睡眠を十分にとること、お腹を温めることを心がけましょう。

食物繊維は便の量を増やして便通を改姜させたり、善玉菌を増やす働きがあるので、過食後の便秘に悩む人は積極的に摂るようにしたほうが良いでしょう。

身体を動かす習慣をつける とは、ダイエットだけでなく便秘解消にも効果的です。

運動をすると腸が刺激されたり、血行が良くなったりするので、腸の動運動が促されます。

体内で腸が正しい位置におさまる為には、インナーマッスルという、普段の運動の中ではなかなか使う機会がない部位を使う必要があります。

朝食をしっかり摂って腸の動きを促むとも便秘の改善には効果があります。食物繊維を多く含んだ食べ物と水分をたっぷり摂るようにしましょう。

朝食はできるだけ毎日同じ時間に食べて身体のリズムを整えましょう。朝食をたくさん食べると便の量も増えるので、便秘改善ができて、ダイエットにつながります。

身体にいい食事をとり、便秘を少しずつ改善することで、健康にいいダイエットができるでしょう。

過食後の便秘解消3

身体を温め糖分を減らす

ダイエットをしたい人にとって便秘を解消することはとても大事なことです。

便秘をしていると痩せにくい体質になってしまうからです。

過食後の便秘解消方法には、食物繊維や水分をたくさん摂るようにすることはもちろんですが、ほかにもさまざまな工夫をすることができます。

例えば、身体が冷えていると腸の働きが鈍くなるので身体を温めてあげましょう。

寒くない服装をしたり、身体を温める食材を積極的に食べて、身体を温め冷やさないようにすることで便秘を改善することができます。

とくに冬場はお腹周りを腹巻きなどを活用するのがおすすめです。他には日頃からたっぷり水分を摂るように心がけることも大切です。

便秘がちになると便が固くなるのは、大腸がそれだけ水分を除去しているためです。

水分が足りていないと便がどんどん固い便になり量も減ってしまうので便秘になりやすいのです。

水分不足になると、コロコロした便しか出なかったり、標準よりも便が固い事があるといいます。

他には砂糖には胃や腸の動きを悪くする働きがあります。

甘いお菓子やジュースなどで糖分をたくさん摂っていると便秘になりやすい為、余分な糖分を控えることで便秘を解消することができるでしょう。

お手洗いに行きたくなった時に、迷わずトイレに行ける環境も過食後の便秘解消には大切です。

生活内容を見直して、便秘対策にいいことをして、ダイエットにつなげたいものです。

まとめ

体質改善を行う

腸内の善玉菌を増やす

身体を温め糖分を減らす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です