過食嘔吐を防ぐ豆乳

ダイエット方法には、決められた運動をしたりといろいろな方法があります。

その中でも、何かを飲むタイプのダイエットは気軽に取り組むごとができて方法がシンプルなので、とても人気があります。

豆乳で過食嘔吐予防1

継続しやすさは抜群

決められた食べ物を食べたり、飲むダイエットとして、よく知られているダイエットが豆乳によるダイエットです。

豆乳とは、大豆から作られる飲料のことで、

カロリーが低いことで知られています。

豆乳を用いたダイエットのいいところは、

手軽にできることや、栄養の吸収率がいいため、たくさん飲まなくてもいいことにあります。

ダイエットや過食嘔吐の克服に豆乳を用いる人が多いのは、タンパク質が豊富に含まれていることも上げられます。

女性の視点から見れば、お肌がきれいになって、痩せることもできるという豆乳ダイエットは、まさに理想的なダイエットです。

大豆には女性ホルモンに似た栄養素である大豆イソフラボンが含まれるため、女性にとってはさらに喜ばしいダイエット方法と言えるでしょう。

体重を減らす時には、食事を控え目にしたり、運動の機会を増やすことは効果がありますが、豆乳ダイエットでは、そういったことは義務づけられていません。

毎日決まった時間に、豆乳を飲むというたけの豆乳ダイエットは、気軽にできて、継続しやすいダイエット方法だといえます。

豆乳で過食嘔吐予防2

豆乳を飲むタイミング

豆乳を飲んでダイエットをしているという人は多いですが、摂取に適した時間帯とは、いつ頃のことでしょう。

豆乳ダイエットは、ただ豆乳を飲むだけという手軽な方法ですが、量や時間帯に決まりはあるでしょうか。

豆乳には大豆イソフラボンという成分が含まれており、これは女性ホルモンによく似ています。

女性ホルモンが分泌される周期の面から見て、豆乳を飲むことによるダイエットへの効果がでやすいのは生理前1週間から10日と言われています。

女性の場合は、欠かさず豆乳を飲むようにするのが、豆乳ダイエットのポイントです。

生理前の1週間に豆乳を飲むとダイエット効果がアップするのはなぜなのでしょうか。

体内に不要な老廃物や水分がたまるのは、女性は主に生理の前ですが、生理が終わると、それまで身体の中に留まっていた老廃物は身体から出されますので、溜め込まれっぱなしということはないようです。

ダイエットを開始するのは、生理が終わった後にした方がいいでしょう。過食嘔吐克服だけでなく、豆乳ダイエット以外のダイエットの場合でも、効果が得られます。

生理後はエストロゲンというホルモンが優勢になり、そのホルモンによって脂肪が燃焼したり、排出されたりしやすくなるからです。

豆乳ダイエットの場合は、生理前に豆乳を飲むことにより、余分な脂肪や老廃物を貯めこまないようにするのが得策です。

生理後はエストロゲンによって余分な脂肪や老廃物の排泄が促されるため、元々あった体脂肪が代謝されることになり結果的に、ダイエット効果を得ることになります。

豆乳で過食嘔吐予防3

無調整豆乳を選ぼう

豆乳ダイエットをする時は、なるべく「無調整豆乳」にしましょう。豆乳には、無調整豆乳と調製豆乳があります。

ざっくり言ってしまうと、無調整豆乳は丸大豆を絞って豆腐を作る前の状態そのままのもので、調製豆乳は、大豆や脱脂加工大豆に調味料や食品添加物を加えたものです。

無調整豆乳と調製豆乳は、基本的には違う飲み物とされていますので注意しましょう。

無調整豆乳の大豆固形分は8%以上、調製豆乳は6%JAS規格で分類されています。

カロリーが低く、たんぱく質の摂取量を多くすることが過食嘔吐予防の目的ですので、

豆乳を選ぶ時は、無調整豆乳を選ぶようにしましょう。

豆乳を飲む時間は、食前または間食にすればダイエットに効果的で、豆乳を飲む量は200mlくらいが適当です。

豆乳に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと、似た働きをするため、摂り過ぎは身体によくありません。

豆乳ダイエットは、毎日豆乳を飲み続けることで、脂肪の燃焼を促進していくというコンセプトです。

内閣府の食品安全委員会は、イソフラボンの平均摂取量の上限値の目安としては、1日あたり70~75mgとしています。

大豆イソフラボンが、豆乳に含まれている量は、おおよそ45mgです。豆乳ダイエットの効果を高めるためとはいっても、過剰摂取は体にいいことはありません。大豆加工品は、食事からも摂取する機会がありますので、無調整豆乳の摂取量は200mlくらいを目安としましょう。

まとめ

継続しやすさは抜群

豆乳を飲むタイミング

無調整豆乳を選ぼう

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です