過食嘔吐に肩甲骨ダイエット

年を重ねるごとに代謝が落ちて痩せにくくなってしまいます。

ダイエットと聞くと食事制限や大変な運動をしなければと気分が滅入ってしまう人も多いことでしょう。

ストレスのかかる食事制限や苦手な運動をしなくても、過食嘔吐を予防し、ダイエット効果の期待できる方法があります。

肩甲骨を動かし過食嘔吐を防ぐ1

褐色脂肪細胞を活発にする

肩甲骨の周囲を緩めるだけで、痩せられると注目を浴びているダイエット方法があります。

褐色脂肪細胞という脂肪を燃やす細胞が、肩甲骨の周りには存在しているといいます。

褐色脂肪細胞が脂肪の燃焼効率を上げてくれるように働きかけることで、ダイエットのしやすい体質になるというものです。

褐色脂肪細胞は、肩甲骨の周囲に集まっているためストレッチなどの刺激を与えることで、ダイエット効果を引き出す方法になります。

肩甲骨周辺を意識したストレッチを行うことで、脂肪を燃やしやすい身体に変化させることが出来るのです。

ストレッチを行うことによって、過食嘔吐の克服や、冷え性の解消にもつながるだけでなく、セルライトの解消や、むくみの緩和にも効果があります。

肩甲骨周囲の筋肉を意識してストレッチを行うことで、動かしているようで、動かしていない筋肉を刺激することにより細胞を活性化させることが出来ます。

褐色脂肪細胞に刺激を与える方法は肩甲骨のストレッチの他にもいろいろあります。

代表的な方法は、氷水を入れた冷たい容器で肩甲骨を冷やすというものです。

肩甲骨まわりを冷やむとで、褐色脂肪細胞は身体全体が冷え切っていると判断して、体温を高めるために脂肪を燃やそうとします。

肩甲骨を動かし過食嘔吐を防ぐ2

猫背改善に効果抜群

肩甲骨ダイエットは、簡単なのに効果がある方法なので、誰でも気軽に出来るダイエットとして人気があります。

肩甲骨の付近に多数ある褐色脂肪細胞を活発にすることによって、脂肪を燃焼させ痩せることが出来る方法となっています。

肩甲骨ダイエットの方法はとても簡単で、肩甲骨を動かすストレッチを行うだけなので、初心者でもすぐに実践できます。

ダイエットには色々な方法がありますが、1番簡単な方法は、肩をすくめて落とすという運動です。

肩甲骨の筋肉を使うようなイメージで、毎日10回ずつを目安に行いましょう。

肩甲骨ダイエットでは、両腕を高く上げ下に下げるという運動を繰り返すことでも、実践することができます。

座りながらでもできる運動なので、デスクワークの最中などでも簡単に行えるので、少し意識すれば回数を増やすことができます。

肩甲骨を動かしていないと、その部分が固くなってしまい痩せにくくなってしまいます。

この運動を行っていくと、最初は筋肉痛になる人もいますが、簡単でまた背中や肩周りの血行がよくなるため、肩こりなども解消することができます。

普段あまり運動をしていない人の場合は、肩甲骨を動かすことも少ないので、少し実践しただけでも過食嘔吐の軽減や、身体の変化に気づくと思います。

猫背が気になっている人は、肩甲骨ダイエットは姿勢矯正効果も期待できるとされています。

ストレッチ運動は、ダイエットにはいいですが、即効性がある方法ではありません。

過食症の克服を目指す方や、すぐに痩せたいという人は、肩甲骨のストレッチだけでなく、別の運動もしましょう。

肩甲骨を動かし過食嘔吐を防ぐ3

肩こり解消でストレス解消

肩甲骨ダイエットとはその名の通り、肩甲骨周りの筋肉を動かす事により、脂肪を燃焼しやすくするというダイエット法です。

125分程度のストレッチを行うことにより、スリムな体型を手に入れることが出来る簡単な方法なので、誰でも簡単に実践できます。

基本的なストレッチの方法とは、まず肩幅に足を開き、手のひらを頭の上で合わせるようします。

手を上にして立った状態から、肘を後ろの方に引きます。この時、手のひらは身体の外側に向けるようにします。

どんどん肘を後ろに引っ張っていき、肩甲骨の動きを感じながら腕を胸まで下げていきます。

日常の動作の中では、こういった筋肉の使い方は滅多にありません。

そのため、始めのころは痛く感じる人もいますが、繰り返していくことで、腕が回るようになります。

椅子に座ったままの姿勢で長時間過 すデスクワークをしていると姿勢も悪くなり、肩こりに悩む人も少なくないことでしょう。

ダイエット効果だけでなく、肩こりの解消にもなるので、肩甲骨のストレッチはおすすめの方法です。

肩甲骨を動かすために、肩や腕をぐるぐる回している人もいますが、腕ばかりを動かして、肝心の肩甲骨が動いていない場合もあるので注意しましょう。

肘は曲げた状態を保つことが大切です。

ゆっくりを呼吸をしながら、肩甲骨が動いていることを意識するということで、より効果が増加します。

肩甲骨の近くに褐色脂肪細胞と呼ばれる細胞があります。

この細胞は体脂肪の燃焼に関わっており、刺激をすることでダイエットや過食嘔吐の克服がしやすくなります。

ダイエットを成功させるには、カロリーを代謝する機能をつかさどる褐色脂肪細胞の働きを、より高めるためのストレッチをすることがポイントになります。

まとめ

褐色脂肪細胞を活発にする

猫背改善に効果抜群

肩こり解消でストレス解消

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

拒食症とコーヒー

次の記事

過食症克服と縄跳び習慣