【ダイエット】摂食障害だった私が摂食障害から乗り越えた方法

摂食障害
辛いですよね・・。
一人で悩まないで一緒に解決していきましょう

実は
私も学生時代に摂食障害になったことがあります

過度なダイエットを始めてから
食べることが怖くなってしまったのです

友達が何気なくくれたアメ玉1つ
これさえ太るのではないかと思い
食べられず捨ててしまったことが
あります

また、お母さんが毎日一生懸命作ってくれたお弁当も食べられず捨てていました

最低なことをしている
そういう自覚はもちろんありました

だけど
とにかく太るのが怖くて怖くて
捨てざる負えませんでした

そして
私はダイエット3か月くらいで
生理が止まりました

ダイエット中は
全く食べてないのにジムに通い
毎日1時間のランニング、水泳をしていたのでしょっちゅう貧血を起こしていました

しかし
ダイエットを続けて1年

私は何かプツンと糸が切れて
今度は過食症になってしまったのです

過食症は
とにかく異常なくらい食べていました

菓子パン10個、お惣菜5種類くらい
お菓子10種類くらいを一回で食べていました

こんなに食べて苦しいのに
まだ何かを口にしたいという衝動に
かられ、ある時食べ過ぎによる胃腸炎で
病院に運ばれ点滴を受けたくらいです

自分がどんどん嫌になりました

夏休み明けの久しぶりの学校
制服のスカートがきつすぎて入らず
安全ピンでつなぎ合わせて登校しました

クラスの人からは
「なんであんなにデブッたの?笑」
と陰口が聞こえたこともありました

自業自得・・・
ついには自傷行為に走り自殺まで
考えました

それから5年くらい経ちますが
摂食障害は少しは良くなりましたが
今も過食と拒食を繰り返しています

私個人の乗り越え方なので
参考になるかは分かりませんが

もちろん病院に行ったりすることが一番の改善策だと思います

だけど
私のように自覚があり、病院に行きたくないという方も多いと思います

私は
自分が摂食障害であることを誰にも知られたくなかった
だから病院に行くことができませんで
した

だけど
私には心から支えてくれる人が一人いました

その人は私が摂食障害であることを知りません

私が少しでも立ち直れたのは
近くにいつも誰かいたからです

私は一人になると過食に走ったり
拒食になって嘔吐したりしていました

だけど
誰か隣にいるときは治まっていたのです

だから
なるべく人と一緒にいようと今は心掛けています

誰かとご飯を食べることは
今も怖いです

だけど
一人で食べたら絶対に摂食障害を起こしてしまうと思うから
なるべく人とご飯を食べるようにしています

きっと摂食障害の人は
誰かとご飯を食べるのが怖いと思います

私もそうだったから気持ちは分かります

だから私は
摂食障害を治したい
ではなく
人とおいしくご飯を食べられるようになりたい
と目標を変えました

すると
自然と人と一緒にご飯を食べる回数が増えるほど摂食障害に悩む時間も
かなり減ってきました

もちろん
これは私個人のやり方なので
自分のペースで良いのです

少しでも
同じことで悩んでいる人の力になりたいと思い
今回話させていただきました

一人で悩まないで
一緒に乗り越えていけたら嬉しいです

コメント欄に
悩みや辛さ、何でも思うことを書いていただけたら
私もみんなと共有できて頑張れる気が
します

最後まで
ご視聴ありがとうございました

嵐・大野智も熱弁するデブ菌ダイエットとは

キャベツライスダイエットって何!???

ダイエットの神と巡り会う方法

痩せたら人生180度変わった話

摂食障害だった私が摂食障害から乗り越えた方法
https://youtu.be/xb6Q5n8qtus

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です