世界へ挑むママモデル結子、摂食障害を乗り越え「日本人初の“ヴィクシーモデル”になりたい」

#世界へ挑むママモデル結子、摂食障害を乗り越え「日本人初の“ヴィクシーモデル”になりたい」
拡大写真 「シングルマザーなので時に厳しく父親役もこなす」と話すママモデル結子。撮影/臼田洋一郎 (C)oricon ME inc.  身長178cm股下92cmの美ボディを武器に世界に挑む女性がいる。モデル結子(25)だ。2018年8月、世界24カ国のトップモデルが集まる国際モデル大会『World Supermodel Production』の日本代表を決定する『World Supermodel Japan(WSJ)』でグランプリを獲得し、今年4月にフィジーで行われる世界大会への切符を手にした。だが、その栄光の影には体型コンプレックス、結婚で一度は諦めたモデルの道、摂食障害など、壮絶な過去があった。世界を目指すママモデル、結子に話を聞いた。【全身ショット】股下92cmの圧巻美ボディを披露するモデル結子■10代で結婚・出産・離婚、21歳で一度は諦めたモデルの道に 現在、6歳の娘を育てるママでもある結子がモデル活動をスタートさせたのは16歳。地元福岡でスカウトされ、憧れだった世界に飛び込んだ。その後、結婚を機に10代で家庭に入り一児を授かるが、離婚。シングルマザーとして子育てに奮闘するなか、「どうしてもモデルの道を諦めきれない」と、女優の菜々緒らを輩出した『ミス東京ガールズコレクション』への応募を決心する。
https://www.youtube.com/channel/UC2JMZwN4AH7oGvIOxvDJziQ?sub_confirmation=1

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です